病気ではなく体臭の一つ

わきがは、脇部分からツンとした強烈な臭いがするのが特徴です。ただわきがは病気ではなく、体臭の一つです。放置しておいても問題はありませんが、日本人は体臭の少ない人種であるためわきが症状を持つ人の悩みは深刻といえます。

手軽なケアから手術までいろいろ

わきがといっても軽度から重度まで度合いはさまざまです。臭いの原因は、脇部分に多く分布するアポクリン腺から出る汗に常在菌が繁殖することです。そのため汗をこまめにふき取ったり、わきが専用の殺菌力の高いクリームを塗ることで臭いを軽減させることができます。また皮膚科を受診すると、制汗剤の使用や外用薬、内服薬の処方がされます。中度の場合は、ボトックス注射によって汗を出にくくすることで臭いを軽減する治療が行われることがあります。ただし効果の持続期間が半年程度なので、繰り返し治療を受けなければなりません。重度の場合は皮膚科や美容外科などでアポクリン腺を除去する手術が勧められることもあります。皮膚を切開して医師が目視で汗腺を取り除く方法や少しだけ切開して特殊な器具で汗腺を除去する方法、その他にもマイクロ波やラジオ波などを使用して汗腺を破壊するものまでいろいろあります。高い効果が期待できますが、100%完治できると言い切れないのが現状です。わきがは、自分が気にしすぎたり生活習慣の乱れによっても臭いを強くしてしまうことがあります。診察を受けたら、他人はそれほど臭いを感じていないということもあります。深刻に悩む前に、一度皮膚科を受診して検査を受けてみることがおすすめです。

わきが治療は専門医で治療できます。診察に来た日に治療の日程を決めるだけでなく悩み相談もしてくれるので便利です。