目頭切開の目的は?自分はやっても大丈夫?疑問を解消しよう

瞳が大きくなる整形…?

カラコンなどで黒目を大きく見せる方法は誰でも簡単にできますよね。でも、コンタクトを外すと元の顔に戻ってしまうのがネックです。目頭切開なら整形で蒙古ヒダを切り取ってしまうことで、自分の目がパッチリしたように見せられます。この方法は目を外側に大きく見せることを目的としているので、両目の距離を狭くすることが可能です。目と目が離れている気がする人にもおすすめ!時々左右で目の大きさが大きく違っている人がいますが、そのような人も小さい方の目に目頭切開を施すことで両目のバランスを整えられますよ。目の美容整形はこのほかにもたくさんあるので、複数の施術を組み合わせてもいいですね。

目頭切開をしてみたい!でもやっていいの?

蒙古ヒダなんて取ってしまいたい!と思っていても、自分は目頭切開をしても大丈夫なのか素人にはよくわかりませんよね。特にアレルギー体質で眼がよく痒くなる人や、目の周りの皮膚がアトピー性皮膚炎で炎症が起きやすい人は、自分もやって大丈夫なのか疑問を感じてる人も多いのでは?でも安心してください。アレルギー体質の人もアトピー性皮膚炎が持病の人も、目頭切開をしてもいいんです!ただ、抜糸までは数本の糸がついた状態で過ごさないといけませんし、目頭切開の効果が薄れる「後戻り」という現象を防ぐために、目の周りの肌を特殊なテープで固定することになります。その期間は炎症が悪化する可能性も考えられるので、症状が安定している時に手術をした方がいいですね。

フォトフェイシャルは肌に光を当てて、シミやそばかすなどを薄くする治療法です。肌にも比較的優しく、安心して受けることができます。