文系の需要が高い!?IT求人の実情を知ろう!

表立っていなくても多い文系の人材募集

ITの求人は理系でITに詳しい経験者ばかりを求めていて、未経験者でも理系でないと難しいと誤解している人もいます。実は文系出身でITの求人を獲得して転職に成功し、活躍している人が多くなってきているのが現状です。文系の人材募集が表立って行われているわけではなく、未経験可という形で募集して文系の人材を雇っているのが一般的な方法になっています。これは営業スキルを求められる現場が多かったり、管理職が不足している企業が苦労をしていたりするからです。文系で経済について詳しい人が営業を担当した方が売り上げは伸びやすいと考えられます。また、ビジネスについて詳しい人が管理職になった方が企業として成長しやすいのは明らかです。このような観点から文系の人材を実は求めている求人が増えています。

ITの基礎は必要なので注意

文系出身でIT業界に転職したいと考えたらビジネスや経済についての知識やスキルを十分に磨いておき、その点を自信を持ってアピールできるようにするのは必須です。しかし、それと合わせてITの基礎についても学んでおくことは必須なので気をつけなければなりません。プログラミングスキル程度は付けた上で転職活動をしないとなかなか受け入れてもらえないのが実情です。特に管理職候補として採用する場合にはしばらくは現場で開発などに携わることが多いので、実力がある程度は伴っていないと採用してもらえません。営業の場合には分担ができるので高いスキルがなくても大丈夫な場合があります。

ITの求人の特徴は、パソコンをどこまで使いこなせるかというのが基準になってきます。パソコンに向かって働く職業ならではです。