気になるホクロ!自然にはとれない?除去はできるの?

大きなほくろが気になっちゃう

ほくろとは、皮膚にできる黒っぽい斑紋のことです。平たいものや、盛り上がっているものがあります。サイズは1mm程度の小さなものから、5mmを越えるものまでさまざまです。

ほくろはチャームポイントにもなりますが、大きなほくろが体の目立つところにあるのを、コンプレックスに思っている人もいます。

ほくろは自然にはなくならない

ほくろは生まれつきのものもありますが、大人になってから現れたり、また小さかったものが大きくなったりします。最初は気にならなかったものが、歳月を追うごとに大きくなって悩みにつながることもあります。

一度、できてしまったり大きくなったほくろが自然になくなるということは稀です。しかし、クリニックに行けば除去することができます。ほくろ除去は、場合によっては皮膚科にて保険適用で行うことができますので、まずは病院で相談してみるのがおススメです。

保険適用ができない場合でも、美容クリニックなら除去することが可能です。

ほくろ除去はレーザーで行う

ほくろ除去はどのような方法で行われるかというと、レーザーを使います。レーザーの種類には、炭酸ガスレーザーや、Qスイッチレーザーといったものがあります。

炭酸ガスレーザーでは、ほくろの組織を水蒸気化させて除去します。出血が少ないことや、除去後に肌が綺麗になるまでの時間が短いというメリットがあります。

Qスイッチレーザーでは、色素細胞を破壊する方法が取られます。色のある部分にのみ反応するので、他の部分に傷がつかないところがメリットです。

ほくろ除去はほくろの形や深さで適切な方法が異なるので、医療機関で処置を受けるのが無難な対処法です。また、処置後のスキンケアを怠ると傷が残ってしまうので、美肌に詳しい医療機関を選ぶことが重要になります。